低金利でおすすめキャッシングを即日利用する

どの会社のキャッシングを申し込むか比べたい時は、金利を比べるのもひとつのおすすめの手段です。

当然のことながらキャッシングをすると金利が掛かります。無利息サービスが使える消費者金融を利用する場合には気になりませんが、それでもその期間が終了すれば通常の金利が掛かります。利用する金融機関を選ぶ時、低金利キャッシングができる所に決めたいものですよね。

消費者金融の方が金利が高く、銀行カードローンは低いと言われている

少しでも金利を安く借りたいと小銭を確認している女性

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は低いと言われます。低金利を追求したいなら銀行カードローンの利用が有利となります。例えば50万円を借りる時、消費者金融では通常18%の金利が付きます。対して銀行カードローンでは14%前後の金利となるため、ほぼ4%の違いが生じます。
数字の上ではたったの4%ですが、10万円を借りて毎月4千円返済する場合には、利息総額が7千円以上も違ってきます。

さらに借入金の残高が大きくなるほど金利の差が大きく影響して来ます。たとえば50万円借入れ、毎月15,000円の返済をする場合には、4%の金利の差で利息は57,000円もの違いが出ます。ただし、アコムやモビット、アイフルなどみなさんの知名度が高い大手のキャッシングサービスでは銀行のキャッシングと同等か、より低金利なサービスもあるので、即日融資を視野に入れた時の審査のスピードや、審査の厳しさの点も加味した場合、消費者金融のキャッシングがおすすめです。

おすすめキャッシングの比較図
銀行キャッシング 消費者金融 街金融
金利→◎ 審査時間→△ おすすめ度→○
金利→◎ 審査時間→◎ おすすめ度→◎
金利→× 審査時間→◎ おすすめ度→×

金利が違うと、もし一緒の金額の融資を受けたとしても、返す金額が違います。ですが、最近は様々な会社があって、どの会社かによって金利が異なっていますので、良く考えてお金が返せなくならないようにするために、自分にぴったりのキャッシングを選びましょう。これは即日キャッシングの時にも言えることです。

借入の申請をする際に、審査が通りにくい、審査に時間がかかってしまう、お金が借りられるまでの時間がかかるといった心配をする方もいらっしゃるかもしれませんが、選択基準として、普通は少しでも金利が低い即日キャッシングを利用した方が良いでしょう。低い金利、または条件付きで無利息でのお金の借入が可能な会社もあるので、すぐにお金を用意しないといけない時以外は、低い金利の会社の方が良いでしょう。

アルバイトをしている人でも借りられるというところもありますが、基本的には20歳以上でパートやアルバイトで安定した収入のある方に限ります。お金を計画した通りに返すために、収入に見合った計画でキャッシング即日を利用しましょう。

低金利と言われているキャッシングは上限金利に注目を!

それぞれの金融機関のHPには必ず金利を表記しています。その場合には一律で「○○%」という表記になっているのは、銀行などで扱っている住宅ローンなどの目的ローンなどです。同じ銀行でもカードローン商品の場合には、「○○%〜○○%」という表記になっていて、一律の金利ではないことが分かります。金利を決める基準は、借入限度額や借入金残高となっています。

カードローン金利が目的ローン金利と大きく違う点は、最高金利と最低金利が決まっていて、その間にも段階的に設定されている金利があることです。

利息制限法では借入れの金額によって上限金利を定めています。具体的には、10万円未満では20%、10万円以上100万円未満では18%、100万円以上では15%という金利を適用する必要があります。(参照:利息制限法(昭和二十九年五月十五日法律第百号)

利息制限法による金利のイメージ表

10万円未満 年20%
10万円以上〜100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

銀行カードローンでは上限金利を利息制限法ギリギリには設定していません。一方消費者金融では反対に法定金利に沿った金利設定をしています。その為に両者の最高金利に大きな差が生まれているのです。

そして最低金利に目を向けてみると、両者とも4%台となっている会社が多く、それ程大きな違いがないことが分かります。もっとも、最低金利で借入れできるためには、利用限度額の上限まで借入れをする必要があります。

例えば消費者金融の大手でも、三菱東京UFJ銀行のバンクイックでも500万円が借入の上限となっています。利用限度額の上限を借入れする場合、最低金利が適用される事になります。したがって500万円を借入れできるならば、両者の最低金利はほとんど変わらないため、利息もほぼ同額となります。

消費者金融には総量規制がある


上記のように上限の利用限度額を借りる場合、銀行カードローンと消費者金融との金利の差は殆どゼロになります。それでも消費者金融には総量規制があるので、年収の1/3以下が借入れの限度となっています。消費者金融で500万円を借入れるには、1,500万円の年収が必要になります。一方銀行では総量規制の影響を受けない為、1,500万円の年収がなくても500万円借りられる可能性はあります。

やはり銀行カードローンの方が高額融資におすすめで向いていると言えますね。


キャッシングを選ぶときは大手を選ぶことが安心につながります。

キャッシングを申し込みたいと思ったら、低い金利の会社で申し込みたいです。急な出費や即日での利用を考えている方は、大手のCMでも見かける会社が安心の意味ではおすすめのキャッシングサービスです。

インターネット専用のローンは、店を管理するための費用、人件費があまりかからないという麺もあるのかもしれませんが、ユーザーにとっても便利な手続き方法です。申し込んだら、提携ATMを使って借りられる金額まではお金を引き出せるカードが作られるところもありますし、、銀行のATM、セブン銀行のようなコンビニATMで使えるものもあります。(参照:プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)ATMサービス|セブン銀行

あまり大きな金額を借りなければ、あまり違いが無いと感じますが、長い期間借りたり、大きな金額を借りた時はかなり違いが現れます。金利が低いのはとても嬉しいですし、インターネットを使って申し込めるので便利なのも評判になっているようです。

おすすめの借入先は金利が安いサービス

やはりお金を借りるなら、低金利かつ、迅速な手続きが可能なキャッシングサービスがおすすめです。銀行のカードローンもいいですが、審査に数日かかるというところも珍しくありません。地方銀行などは手続きも書類だけしか申し込みができないというところもあるみたいなので、おすすめキャッシングはネット申込可能なサービスということが言えます。

また、街金融は即日融資・即日振込みをウリにしている業者もあるようですが、よくわからないところから借りるのは本当に危険ですので絶対にやめましょう。

キャッシング おすすめ 即日